洋犬《かめ》の妾《めかけ》

       十四

「洋犬《かめ》の妾《めかけ》になるだろうと謂われるほど、その緋の袴でなぶられるのを汚《けがら》わしがっていた、処女《むすめ》気で、思切ったことをしたもので、それで胸がすっきりしたといつか私《わたくし》に話しましたっけ。 気味を悪がらせまいとは申しませんでしたが、ああこの女《こ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:56 pm  

五宿の女郎

 もうもう五宿の女郎の、油、白粉《おしろい》、襟垢《えりあか》の香《におい》まで嗅いで嗅いで嗅ぎためて、ものの匂で重量《おもり》がついているのでございますもの、夢中だって気勢《けはい》が知れます。 それが貴方、明前《あかりさき》へ、突立《つった》ってるのじゃあございません、脊伸をしてからが大概人の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:52 pm  

判事は口早にいって

 と少し言渋りながら、「跟《つ》けつ廻しつしているのでございます。」と思切った風でいったのである。「何、お米を、あれが、」と判事は口早にいって、膝を立てた。「いいえ、あの、これと定ったこともございません、ございませんようなものの、ふらふら堀ノ内様の近辺、五宿あたり、夜更《よふけ》でも行きあたり...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:51 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0107 sec.

http://nespo.info/