何を言ッてるんだね

「え、何を言ッてるんだね。吉里さん、お前さん本気で……。ははははは。串戯《じょうだん》を言ッて、私をからか[#「からか」に傍点]ッたッて……」「ほほほほ」と、吉里も淋《さみ》しく笑い、「今日ッきりだなんぞッて、そんなことをお言いなさらないで、これまで通り来ておくんなさいよ」 善吉は深く息を吐《つ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:34 am  

今日限りである

 今日限りである、今朝が別れであると言ッた善吉の言葉は、吉里の心に妙にはかなく情なく感じて、何だか胸を圧《おさ》えられるようだ。 冷遇《ふッ》て冷遇て冷遇《ふり》抜いている客がすぐ前の楼《うち》へ登《あが》ッても、他の花魁に見立て替えをされても、冷遇《ふッ》ていれば結局《けッく》喜ぶべきであるのに...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:34 am  

一人で飲むという奴

「吉里さん、いかがです。一杯《ひとつ》受けてもらいたいものですな。こうして飲んでいたッて――一人で飲むという奴は、どうも淋《さみ》しくッて、何だか飲んでるような気がしなくッていけないものだ。一杯《ひとつ》受けてもらいたいものですな。ははははは。私なんざア流連《いつづけ》をする玉でないんだから、もうじ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:33 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1277 sec.

http://nespo.info/