神でも仏でも

 お米は舌を食い切っても爺の膝を抱くのは、厭《いや》と冠《かぶり》をふり廻すと申すこと。それは私も同一《おんなじ》だけれども、罪のないものが何を恐《こわ》がって、煩うということがあるものか。済まないというのは一体どんな事と、すかしても、口説いても、それは問わないで下さいましと、強いていえば震えます、頼むようにすりゃ泣きますね、調子もかわって目の色も穏《おだやか》でないようでございましたが、仕方がございません。で、しおしおその日は帰りまして、一杯になる胸を掻破《かきやぶ》りたいほど、私が案ずるよりあの女《こ》の容体は一倍で、とうとう貴方、前後が分らず、厭なことを口走りまして、時々、それ巡査《おまわり》さんが捕まえる、きゃっといって刎起《はねお》きたり、目を見据えましては、うっとりしていて、ああ、真暗《まっくら》だこと、牢へ入れられたと申しちゃあ泣くようになりました。そんな容子《ようす》で、一日々々、このごろでは目もあてられませんように弱りまして、ろくろく湯水も通しません。 何か、いろんな恐しいものが寄って集《たか》って苛《さいな》みますような塩梅《あんばい》、爺にさえ縋って頼めば、またお日様が拝まれようと、自分の口からも気の確《たしか》な時は申しながら、それは殺されても厭だといいまする。 神でも仏でも、尊い手をお延ばし下すって、早く引上げてやって頂かねば、見る中《うち》にも砂一粒ずつ地の下へ崩れてお米は貴方、旦那様。 奈落の底までも落ちて参りますような様子なのでございます。その上意地悪く、鼻めが沢井様へ入《い》り込みますこと、毎日のよう。奥様はその祈の時からすっかり御信心をなすったそうで、畳の上へも一件の杖をおつかせなさいますお扱い、それでお米の枕許をことことと叩いちゃあ、(気分はどうじゃ、)といいますそうな。」

— posted by id at 02:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1716 sec.

http://nespo.info/