府中の白雲山の庵室

 府中の白雲山の庵室へ、佐助がお使者に立ったとやら。一日|措《お》いて沢井様へ参りましたそうでございます。そしてこれはお米から聞いた話ではございません、爺をお招きになりましたことなんぞ、私はちっとも存じないでおりますと、ちょうどその卜《うらない》を立てた日の晩方でございます。 旦那様、貴下《あなた》が桔梗《ききょう》の花を嗅《か》いでる処を御覧じゃりましたという、吉《きち》さんという植木屋の女房《かみさん》でございます。小体《こてい》な暮しで共稼ぎ、使歩行《つかいあるき》やら草取やらに雇われて参るのが、稼《かせぎ》の帰《かえり》と見えまして、手甲脚絆《てっこうきゃはん》で、貴方、鎌を提げましたなり、ちょこちょこと寄りまして、(お婆さん今日は不思議なことがありました。沢井様の草刈に頼まれて朝|疾《はや》くからあちらへ上って働いておりますと、五百円のありかを卜《うらな》うのだといって、仁右衛門爺さんが、八時頃に遣って来て、お金子《かね》が紛失したというお居室《いま》へ入って、それから御祈祷《ごきとう》がはじまるということ、手を休めてお庭からその一室《ひとま》の方《かた》を見ておりました。何をしたか分りません、障子|襖《ふすま》は閉切ってございましたっけ、ものの小半時|経《た》ったと思うと、見ていた私は吃驚《びっくり》して、地震だ地震だ、と極《きまり》の悪い大声を立てましたわ、何の事はない、お居間の瓦屋根が、波を打って揺れましたもの、それがまた目まぐるしく大揺れに揺れて、そのままひッそり静まりましたから、縁側の処へ駆けつけて、ちょうど出て参りましたお勢さんという女中に、酷《ひど》い地震でございましたね、と謂いますとね、けげんな顔をして、へい、と謂ったッきり、気《け》もないことなんで、奇代で奇代で。)とこう申すんでございましょう。」

       十五

「いかにも私だって地震があったとは思いません、その朝は、」 と婆さんは振返って、やや日脚の遠退《とおの》いた座を立って、程過ぎて秋の暮方の冷たそうな座蒲団を見遣りながら、「ねえ、旦那様、あすこに坐っておりましたが、風立ちもいたしませず、障子に音もございません、穏かな日なんですもの。

— posted by id at 01:57 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1718 sec.

http://nespo.info/