百姓家の納戸

       十二

「百姓家の納戸の薄暗い中に、毛筋の乱れました頸脚《えりあし》なんざ、雪のようで、それがあの、客だと見て真蒼《まっさお》な顔でこっちを向きましたのを、今でも私《わたくし》は忘れません。可哀そうにそれから二年目にとうとう亡《なく》なりましたが、これは府中に居た女郎上りを買って来て置いたのだと申します。 もうその以前から評判が立っておりましたので、山と積まれてからが金子《かね》で生命《いのち》までは売りませんや、誰も島屋の隠居には片づき人《て》がなかったので、どういうものでございますか、その癖、そうやって、嫁が極《きま》りましても女房が居ましても、家へ顔を出しますのはやっぱり破風《はふ》から毎年その月のその日の夜中、ちょうど入梅《つゆ》の真中《まんなか》だと申します、入梅から勘定して隠居が来たあとをちょうど同一《おんなじ》ように指を折ると、大抵梅雨あけだと噂があったのでございまして。 実際、おかみさんが出来るようになりましてからも参るのは確《たしか》に年に一度でございましたが、それとも日に三度ずつも来ましたか、そこどこはたしかなことは解りません。 何にいたしましても、来るものも娶《と》るものも亡くなりましたのは、こりゃ葬式《とむらい》が出ましたから事実《まったく》なんで。 さあ、どんづまりのその女郎が殺されましてからは、怪我にもゆき人《て》がございません、これはまた無いはずでございましょう。 そうすると一年、二年、三年と、段々店が寂れまして、家も蔵も旧《もと》のようではなくなりました。一時は買込んだ田地《でんじ》なども売物に出たとかいう評判でございました。 そうこういたします内に、さよう、一昨年でございましたよ、島屋の隠居が家《うち》へ帰ったということを聞きましたのは。それから戦争の祈祷の評判、ひとしきりは女房一件で、饅頭の餡でさえ胸を悪くしたものも、そのお国のために断食をした、お籠《こもり》をした、千里のさき三年のあとのあとまで見通しだと、人気といっちゃあおかしく聞えますが、また隠居殿の曲った鼻が素直《まっすぐ》になりまして、新聞にまで出まする騒ぎ。予言者だ、と旦那様、活如来《いきにょらい》の扱《あつかい》でございましょう。 ああ、やれやれ、家《うち》へ帰ってもあの年紀《とし》で毎晩々々|機織《はたおり》の透見をしたり、糸取場を覗《のぞ》いたり、のそりのそり這《は》うようにして歩行《ある》いちゃ、五宿の宿場女郎の張店《はりみせ》を両側ね、糸をかがりますように一軒々々格子戸の中へ鼻を突込《つっこ》んじゃあクンクン嗅《か》いで歩行《ある》くのを御存じないか、と内々私はちっと聞いたことがございますので、そう思っておりましたが、善くは思いませんばかりでも、お肚《なか》のことを嗅ぎつけられて、変な杖でのろわれたら、どんな目に逢おうも知れぬと、薄気味の悪い爺《じじい》なんでございます。 それが貴方、以前からお米を貴方。」

— posted by id at 01:50 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1889 sec.

http://nespo.info/