十八になるのを伴《つ》れて参りました

「まあ、お聞き遊ばせ、こうなんでございますよ。 それから何事を差置いても探しますと、ございました。来るものも一生奉公の気なら、島屋でも飼殺しのつもり、それが年寄でも不具《かたわ》でもございません。(色の白い、美しいのがいいいい。) と異な声で、破風口から食好みを遊ばすので、十八になるのを伴《つ》れて参りました、一番目の嫁様は来た晩から呻《うめ》いて、泣煩うて貴方、三月日には痩衰《やせおとろ》えて死んでしまいました。 その次のも時々悲鳴を上げましたそうですが、二年|経《た》ってやっぱり骨と皮になって、可哀そうにこれもいけません。 さあ来るものも来るものも、一年たつか二年持つか、五年とこたえたものは居りませんで、九人までなくなったのでございます。 あるに任して金子《かね》も出したではございましょうが、よくまあ、世間は広くッて八人の九人のと目鼻のある、手足のある、胴のある、髪の黒い、色の白い女があったものだと思いますのでございますよ。十人目に十三年生きていたという評判の婦人《おんな》が一人、それは私《わたくし》もあの辺に参りました時、饅頭を買いに寄りましてちょっと見ましたっけ。 大柄な婦人《おんな》で、鼻筋の通った、佳《い》い容色《きりょう》、少し凄《すご》いような風ッつき、乱髪《みだれがみ》に浅葱《あさぎ》の顱巻《はちまき》を〆《し》めまして病人と見えましたが、奥の炉《ろ》のふちに立膝をしてだらしなく、こう額に長煙管をついて、骨が抜けたように、がっくり俯向《うつむ》いておりましたが。」

— posted by id at 01:48 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 2.3061 sec.

http://nespo.info/