薄汚れた棒縞《ぼうじま》の広袖《どてら》

 綿を厚く入れた薄汚れた棒縞《ぼうじま》の広袖《どてら》を着て、日に向けて背《せなか》を円くしていたが、なりの低い事。草色の股引《ももひき》を穿《は》いて藁草履《わらぞうり》で立っている、顔が荷車の上あたり、顔といえば顔だが、成程鼻といえば鼻が。」「でございましょうね、旦那様。」「高いんじゃあないな、あれは希代だ。一体|馬面《うまづら》で顔も胴位あろう、白い髯《ひげ》が針を刻んでなすりつけたように生えている、頤《おとがい》といったら臍《へそ》の下に届いて、その腮《あご》の処《とこ》まで垂下って、口へ押冠《おっかぶ》さった鼻の尖《さき》はぜんまいのように巻いているじゃあないか。薄紅《うすあか》く色がついてその癖筋が通っちゃあいないな。目はしょぼしょぼして眉が薄い、腰が曲って大儀そうに、船頭が持つ櫂《かい》のような握太《にぎりぶと》な、短い杖をな、唇へあてて手をその上へ重ねて、あれじゃあ持重《もちおも》りがするだろう、鼻を乗せて、気だるそうな、退屈らしい、呼吸《いき》づかいも切なそうで、病後《やみあが》り見たような、およそ何だ、身体《からだ》中の精分が不残《のこらず》集って熟したような鼻ッつきだ。そして背を屈《かが》めて立った処は、鴻《こう》の鳥が寝ているとしか思われぬ。」「ええ、もう傘《からかさ》のお化がとんぼ[#「とんぼ」に傍点]を切った形なんでございますよ。」「芬《ぷん》とえた村へ入ったような臭《におい》がする、その爺《じい》、余り日南《ひなた》ぼッこを仕過ぎて逆上《のぼ》せたと思われる、大きな真鍮《しんちゅう》の耳掻《みみかき》を持って、片手で鼻に杖をついたなり、馬面を据えておいて、耳の穴を掻きはじめた。」「あれは癖でございまして、どんな時でも耳掻を放しましたことはないのでございます。」「余り希代だから、はてな、これは植木屋の荷じゃあなくッて、どこへか小屋がけをする飾《かざり》につかう鉢物《はちうえ》で、この爺は見世物《みせもの》の種かしらん、といやな香《におい》を手でおさえて見ていると、爺がな、クックックッといい出した。 恐しい鼻呼吸《はないき》じゃあないか、荷車に積んだ植木鉢の中に突込《つっこ》むようにして桔梗を嗅《か》ぐのよ。 風流気はないが秋草が可哀そうで見ていられない。私は見返《みかえり》もしないで、さっさとこっちへ通抜けて来たんだが、何だあれは。」といいながらも判事は眉根を寄せたのである。

— posted by id at 01:39 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2787 sec.

http://nespo.info/